コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルメンエビネ

2件 の用語解説(サルメンエビネの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サルメンエビネ

エビネ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルメンエビネ
さるめんえびね / 猿面海老根
[学]Calanthe tricarinata Lindl.

ラン科の常緑多年草。短い偽球茎が連なる。葉は3、4枚束生して倒卵形、長さ15~25センチメートル、幅6~8センチメートル、縦じわが目だつ。5~6月、葉の間から30~50センチメートルの花茎を伸ばし、径約3センチメートルの花を10個ほどややまばらにつける。萼片(がくへん)と花弁は黄緑色を呈し、平開する。唇弁は基部に1対の側小裂片があり、中裂片は大きく赤茶色、縁(へり)がひだ状に波打ち、中央に隆起が3本走る。距(きょ)はない。おもに冷温帯の落葉樹林下に生え、北海道から九州、および中国、インド北部に分布する。名は、赤く、しわのある唇弁を猿の顔に見立てたもの。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サルメンエビネの関連情報