コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワトウガラシ(沢唐辛子) サワトウガラシDeinostema violaceum (Maxim.) Yamaz.

世界大百科事典 第2版の解説

サワトウガラシ【サワトウガラシ(沢唐辛子) Deinostema violaceum (Maxim.) Yamaz.】

湿地に生えるゴマノハグサ科一年草(イラスト)。は直立して高さ5~20cm。葉は対生し,線状披針形で先は長くとがり,長さ0.5~1cm。8~10月,上部の葉のわきごとにでる細長い花柄の先に紅紫色の花を1個つける。萼は鐘形で深く5裂。花冠唇形で長さ5~6mm。おしべは2本,花糸は1回ねじれる。花冠の下側に2個の小さな仮雄蕊(かゆうずい)がある。蒴果(さくか)は卵状楕円形で2裂し,長さ3mm。茎の中部以下の葉腋(ようえき)に閉鎖花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サワトウガラシ(沢唐辛子)の関連キーワード湿地

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android