サン=レオン(英語表記)Saint-Léon, Arthur Michel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン=レオン
Saint-Léon, Arthur Michel

[生]1821.9.17. パリ
[没]1870.9.2. パリ
フランスの舞踊家,振付師。シュツットガルトのバレエ・マスターであった父親に師事した。初めバイオリニストとしてデビューしたが,1835年ダンサーとしてミュンヘンでデビュー。 45年バレリーナの F.チェリートと結婚。ボリショイ劇場,パリ・オペラ座で振付師として活躍した。振付作品に『ビバンデール』 (1844) ,『大理石の娘』 (47) ,『せむしの子馬』 (64) ,『コッペリア』 (70) などがあり,特に舞台でバイオリンを弾きながら踊った『悪魔のバイオリン』 (49) は有名。また民族舞踊をバレエに取入れたことでも知られる。しばしば自身のバレエのために作曲もした。著書に『舞踊譜』 La Sténochorégraphie (52) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android