コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンギータ・ラトナーカラ Saṅgīta Ratnākara

世界大百科事典 第2版の解説

サンギータ・ラトナーカラ【Saṅgīta Ratnākara】

13世紀インドの音楽理論書。著者のシャールンガデーバŚārṅgadeva(1210‐47)は祖父の代に,カシミールから南方のヤーダバ王家の支配するデーバギリ(現,ダウラターバード)に移転した侍医の家柄に生まれる。そのため,アビナバグプタらのカシミール派美学の伝統と無縁ではない。本書の目的は,多分に当時の学術書の定型句ではあるが,苦からの脱却,法(ダルマ)の維持,名声の獲得,解脱の四つであり,全7巻からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のサンギータ・ラトナーカラの言及

【インド音楽】より


[カルナータカ音楽とヒンドゥスターニー音楽]
 地理,風土,言語,歴史などの違いから,現代インドの古典音楽は,カルナータカ音楽(南インド)とヒンドゥスターニー音楽(北インド)とに大別されるが,実際の演奏は伴奏者を伴った独奏・独唱によるラーガの表現であることに変りはない。イスラム教徒侵入の影響によって,ガーンダルバの伝統はとだえたが,楽曲形式においては,侵入当初の13世紀に書かれた理論書《サンギータ・ラトナーカラ》(〈音楽の宝庫〉の意)にみられるアーラープティālāpti(即興演奏)の形式が,南北両派ともに踏襲されている。アーラープティはラーガ・アーラープティ(ターラなしでラーガのみによる即興の部分)とルーパカ・アーラープティ(打楽器によるターラとの共演の部分)とに分けられる。…

【音楽】より

… インドの音楽理論は独特なもので,最古の楽劇論書《ナーティヤ・シャーストラ》には7声,22律の理論を含む詳細な楽理の体系が展開されている。13世紀初頭に著された楽書《サンギータ・ラトナーカラ》はそれ以前のインド音楽の大要を記した貴重な文献である。なぜなら,ちょうど同じ頃デリーにイスラム王朝が成立し,以後北インドの音楽は西アジアの影響を受けて一変するからである。…

※「サンギータ・ラトナーカラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンギータ・ラトナーカラの関連キーワードサールンガデーバインド音楽