コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンゴテッポウエビ Alpheus lottini

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンゴテッポウエビ
Alpheus lottini

軟甲綱十脚目テッポウエビ科。体長 4cmほどで,造礁サンゴの枝の間に雌雄対をなしてすむ。第1胸脚が著しく大きく,左右不相称。全体に鮮やかな赤褐色を呈し,第1胸脚には濃色の小斑が散在する。頭胸部から腹部にかけての背面には黒色の帯が走る。インド西太平洋海域のサンゴ礁でごく普通に見られる。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンゴテッポウエビの関連キーワード甲類

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android