コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンゴ草

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サンゴ草

塩湿地に生育するアカザ科の一年性植物で、草丈は10~35センチ。1891年に厚岸湖(厚岸町)のカキ島で発見され、アッケシソウの名が付いたが、秋に茎や枝が紅紫色に色づくことからサンゴ草とも呼ばれている。道内では野付半島風蓮湖サロマ湖濤沸湖などにも分布。環境省のレッドデータブックでは、近い将来、絶滅の危険性がある植物に指定されている。

(2012-08-27 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

サンゴ草の関連情報