サンタ・プデンツィアーナ聖堂[ローマ](読み)サンタ・プデンツィアーナせいどう[ローマ](英語表記)Santa Pudenziana, Roma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタ・プデンツィアーナ聖堂[ローマ]
サンタ・プデンツィアーナせいどう[ローマ]
Santa Pudenziana, Roma

ローマにある三廊式バシリカ聖堂。 384~399年に創建され,19世紀にいたるまでたびたび改築されてきているが,アプスに残る創建当時のモザイクによって重要である。そこにはまだ初期キリスト教的な象徴主義が多く伝えられているとはいえ,使徒たちを従えて中央に位置する玉座のキリストは,ビザンチン美術に先行して早くもモニュメンタルな威厳をそなえ,キリストの図像成立過程において重要な意味をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android