コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタ・プデンツィアーナ聖堂[ローマ] サンタ・プデンツィアーナせいどうローマSanta Pudenziana, Roma

1件 の用語解説(サンタ・プデンツィアーナ聖堂[ローマ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタ・プデンツィアーナ聖堂[ローマ]
サンタ・プデンツィアーナせいどうローマ
Santa Pudenziana, Roma

ローマにある三廊式バシリカ聖堂。 384~399年に創建され,19世紀にいたるまでたびたび改築されてきているが,アプスに残る創建当時のモザイクによって重要である。そこにはまだ初期キリスト教的な象徴主義が多く伝えられているとはいえ,使徒たちを従えて中央に位置する玉座のキリストは,ビザンチン美術に先行して早くもモニュメンタルな威厳をそなえ,キリストの図像成立過程において重要な意味をもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンタ・プデンツィアーナ聖堂[ローマ]の関連キーワードジニ係数李明博氏の不正関与疑惑高校野球特待生制度JR紀勢線戦時中の青函連絡船アリストテレス顔延之紀勢本線後燕

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone