サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂(読み)さんたまりあまっじょーれだいせいどう(英語表記)Santa Maria Maggiore

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローマにある四大バシリカの一つ。当初のバシリカの様相をもっともよく残している。創建は352年。現在の建物は440年に完成したが、外側にはたびたび増改築の手が加えられ、高く美しい鐘楼は1377年に、正面外側は1758年にできた。しかし堂内の主要部分は440年完成当時のままで、モザイクが各所にあり、イオニア式の石柱が40本、左右にずらりと立ち並んでいる。なお、この大聖堂のあるローマ歴史地区は教皇領、サンパオロ・フォーリ・レ・ムーラ教会とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。

[紅山雪夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android