コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタ・マリア号事件 サンタ・マリアごうじけんSanta Maria Case

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタ・マリア号事件
サンタ・マリアごうじけん
Santa Maria Case

1969年1月 23日にポルトガル客船『サンタ・マリア』号がカリブ海を航行中,乗客のなかの武装反徒によって奪取された事件。これが海賊行為に該当するか否かが議論されたが,同一船舶内の行為であること,ポルトガルの大統領宣言をめぐる政治的目的に基づく行為であり,もっぱらポルトガルにかかわる行為であることから,海賊行為には該当しないという見解が示された。 (→公海に関する条約 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンタ・マリア号事件の関連キーワード公海

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android