コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタ・クララ Santa Clara

1件 の用語解説(サンタ・クララの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サンタ・クララ【Santa Clara】

キューバの中央部にある内陸都市で,ビヤ・クララ州の州都。人口20万5400(1994)。17世紀末スペイン人植民者によって建設された。植民地時代から砂糖とタバコの生産地として発展してきたが,1959年の革命後は工業都市としても発展。キューバの東西を結ぶ中央高速道路と鉄道網が交差する中央部の交通の要衝である。街は落ち着いた雰囲気をたたえ,ラス・ビヤス中央大学がある。【加茂 雄三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サンタ・クララの関連キーワードコルテドッガーバンクマルティアフロキューバンキューバ危機サンティアゴデキューバドゥンブラバの森砺波キューバ・リブレグラナドス:キューバ風/piano solo

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンタ・クララの関連情報