サンチェス・コタン(英語表記)Juan Sánchez Cotán

世界大百科事典 第2版の解説

サンチェス・コタン【Juan Sánchez Cotán】

1560‐1627
スペイン修道士画家。トレド県のオルガスに生まれる。トレドで絵画修業を行ったのち,1603年カルトゥジア会に入会,12年からグラナダ修道院で数多くの宗教画や修道士の奇跡を描いた。同時に,台所の野菜などを主題とした〈ボデゴンbodegon(静物画)〉によって,スペイン独特の,宗教画的とさえいえる厳しさをもった静物画の始祖となり,スルバランをはじめとする17世紀バロックの画家たちに多大な影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android