コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンチェス・コタン Juan Sánchez Cotán

1件 の用語解説(サンチェス・コタンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サンチェス・コタン【Juan Sánchez Cotán】

1560‐1627
スペインの修道士画家。トレド県のオルガスに生まれる。トレドで絵画修業を行ったのち,1603年カルトゥジア会に入会,12年からグラナダ修道院で数多くの宗教画や修道士の奇跡を描いた。同時に,台所の野菜などを主題とした〈ボデゴンbodegon(静物画)〉によって,スペイン独特の,宗教画的とさえいえる厳しさをもった静物画の始祖となり,スルバランをはじめとする17世紀バロックの画家たちに多大な影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サンチェス・コタンの関連キーワード内藤ジュリアヌイツ松下重綱グスタフフランソワ今川義元浅井長政グスタフ伊木山城久松氏

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone