サンディ ウイリアムス(英語表記)Sandy Williams

20世紀西洋人名事典の解説


1907.10.24 -
トロンボーン奏者。
サウス・カロライナ州ソマービル生まれ。
本名Andrew Sandy Williams。
ジェームズ・ミラー、ファン・ティゾールに師事し、クロード・ホプキンス楽団、1933年にチック・ウェッブ楽団、’41年にフレッチャー・ヘンダーソン楽団などに在籍した。’43年にデューク・エリントン楽団に参加し、続いてレックス・スチュアートらとも共演した。その後、アルコール中毒となったが’50年代にカムバックし、’60年代に入ってからは定期的に演奏したが長期の演奏はできない状態だった。代表作に「チック・ウェッブVol.1」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android