コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントウサイ(山東菜) サントウサイBrassica campestris L.var.amplexicaulis

1件 の用語解説(サントウサイ(山東菜)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サントウサイ【サントウサイ(山東菜) Brassica campestris L.var.amplexicaulis】

アブラナ科の一年草でカブ・アブラナ類に属する。中国で品種分化したハクサイ類のなかで,ハクサイのようには結球しない品種群のものである。中国北部で起源し,不結球性なのでハクサイの原始型と考えられる。関東市場では漬菜の代表的なものとして取引されている。結球ハクサイより小型で,成熟期に達した株の外葉は外側に垂れ下がるような形になり,中心の部分の葉も包合・結球することはない。黄緑色の葉面にはしわが多く葉は軟らかい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のサントウサイ(山東菜)の言及

【ハクサイ(白菜)】より

…【平岡 達也】。。…

【漬菜】より

…中国では古くよりアブラナ(ナタネ)類の栽培が盛んで,葉や花蕾(からい)が野菜として,また種子が油料として利用されてきた。日本での漬菜の発達は,カブに近い〈あおな〉,アブラナに近いクキタチナやハタケナにあたる〈うんだい〉,キョウナやミブナにあたる〈みずな〉が古い記録に現れ(《和名抄》),江戸時代にはナガサキハクサイの原種である〈唐菜〉(《長崎見聞録》)や非結球ハクサイに属する〈白茎菜〉(《成形図説》)が見られ,明治初年にはタイサイやサントウサイが導入された。また古くから中国などより渡来,導入されたアブラナ類やカブなどが複雑に交雑を重ね,各地方の風土に合った漬菜類が分化し,土着して日本独自の多くの品種ができ上がった。…

※「サントウサイ(山東菜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone