コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントリン岩 サントリンがん Santorin type of block lava

2件 の用語解説(サントリン岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

サントリン岩

表面の境界が滑らかな非常に大きいもろい熔岩塊でできた熔岩流をいう.このような玄武岩は厚さが15mに,安山岩やデーサイトでは15mから30mにも達することがある[Piip : 1956].サントリン(Santorin)島はギリシャエーゲ海中にある火山島で,有史時代に度々噴火を起こしている.

サントリン岩

優白質な安山岩質岩石でSiO2量が65~69%と高く,塩基性斜長石を含む[Washington : 1897].ベッケはアンデシンまたはオリゴクレース累帯構造の斜長石を含むNaに富むハイパーシン玻璃石英安山岩とした[Becke : 1899].地中海のエーゲ(Aegean)島のサントリニ(Santorini)に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サントリン岩の関連キーワード優白岩輝石安山岩優白質トスカニー岩粗面岩質デーサイトティマザイト安山岩テフライト花崗岩質安山岩菫青石安山岩球顆玄武岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone