サントリー(株)(読み)さんとりー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サントリー(株)
さんとりー

洋酒・ビール・ワイン・清涼飲料などの製造販売会社。1899年(明治32)鳥井信治郎により洋酒製造販売の個人商店鳥井商店として大阪に創業。1906年(明治39)寿屋(ことぶきや)洋酒店と改称、翌年甘味ワイン「赤玉ポートワイン」を発売し、斬新(ざんしん)な販売促進策によって広く知られるようになった。1921年(大正10)株式会社に改組、23年山崎工場(京都府、現山崎蒸溜所)を建設してウイスキー製造に進出、29年(昭和4)初めての国産ウイスキー「サントリー白札」を発売した。1934年道明寺工場(大阪府)建設でヘルメス洋酒製造、35年山梨農場(現サントリー登美(とみ)の丘ワイナリー)を開いてワイン、ブランデーの一貫生産を目ざす。第二次世界大戦後の1946年(昭和21)「トリスウイスキー」を発売、トリス・ブームとよばれて、日本におけるウイスキー飲酒普及のきっかけとなった。1963年サントリーと社名変更、同年、武蔵野(むさしの)ビール工場を完成させてビール製造にも進出した。ウイスキー需要の増大に備え、1973年には山梨県に白州(はくしゅう)蒸溜所を建設、79年には創立80周年を記念して同工場内にウイスキー博物館を開いた。2000年(平成12)には、山崎蒸溜所内に山崎ウイスキー館を開館。近年は、酒類のほかにも、食品、飲料、花卉(かき)、健康食品などの事業を展開している。また、芸術、教育、環境などの社会・文化事業にも力を入れており、サントリーホール、サントリー美術館、サントリーミュージアム天保山(てんぽうざん)などの施設がある。資本金300億円(2008)。従業員数4334人、グループ会社数182社、サントリーグループ従業員数2万0790人(2008)。

[森 真澄]

『株式会社サン・アド編『サントリーの70年』2冊(1969・サントリー)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android