コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンホテル奈良の耐震強度偽装問題

1件 の用語解説(サンホテル奈良の耐震強度偽装問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サンホテル奈良の耐震強度偽装問題

姉歯秀次元建築士が構造計算書を作成し、木村建設(熊本県八代市)が施工、イーホームズ(東京都)が検査確認をした。05年11月5日にオープンしたが、構造計算書の偽造が発覚し、同月下旬に休業した。耐震強度は本来必要とされる基準の44%しかないことが判明した。警視庁などの合同捜査本部は06年5月、ホテルの強度不足を知りながらそれを告げず、ホテル側から工事代金の一部2億2500万円をだまし取ったとして木村建設の社長らを詐欺容疑で逮捕した。起訴された社長は無罪を主張し、東京地裁で公判中。

(2007-06-27 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンホテル奈良の耐震強度偽装問題の関連キーワード基本設計構造設計構造計算構造計算書構造計算適合性判定機関耐震強度耐震偽装と法改正耐震偽装事件耐震強度偽装事件と自治体の責任決算書

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone