コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンリンソウ(三輪草) サンリンソウAnemone stolonifera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンリンソウ(三輪草)
サンリンソウ
Anemone stolonifera

キンポウゲ科の多年草で,北海道,本州北部から中部朝鮮半島,中国北東部に分布する。山地林床などに生える。太く短い根茎があり,横に伸びる匍匐枝 (ランナー) がある。長い柄の根生葉があり,3小葉の複葉である。7月頃,20cmほどの茎の先端に2~3本の長い花柄を出し,その先に各1個の白色花をつける。本来の花弁はなく,白い花弁状のものは萼片で5枚ある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンリンソウ(三輪草)の関連キーワードキンポウゲ科

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android