コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンルカル・デ・バラメダ Sanlúcar de Barrameda

世界大百科事典 第2版の解説

サンルカル・デ・バラメダ【Sanlúcar de Barrameda】

スペイン南部,アンダルシア地方カディス県にある,グアダルキビル河口の港町。人口4万7558(1979)。砂地に囲まれているが地下水を利用した灌漑施設により,高温の夏にも水が豊かで,マンサニーリャという白ブドウ酒で有名である。ローマ時代からの古い町で,1256年,アルフォンソ10世によってイスラム教徒の手から奪回された。この港からは1498年,コロンブスが第3回目のアメリカ探検に出航したほか,1519年9月20日にはマゼランが世界一周の航海に出航した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android