コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ジョルジョ・マジョーレ聖堂[ベネチア](読み)サン・ジョルジョ・マジョーレせいどう[ベネチア](英語表記)San Giorgio Maggiore, Venezia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン・ジョルジョ・マジョーレ聖堂[ベネチア]
サン・ジョルジョ・マジョーレせいどう[ベネチア]
San Giorgio Maggiore, Venezia

イタリア,ベネチアのサンジョルジョ島にある聖堂。8世紀以来,聖ジョルジョに奉献された聖堂が建てられていたが,現在の建物は 1566年 A.パラディオが設計起工し,1610年彼の崇拝者 V.スカモッツィによって完成されたラテン十字プランのドーム式バシリカ聖堂である。スカモッツィの設計したファサードはルネサンスからバロックへの過渡的様式を示し,ローマ風の4本の円柱が切妻屋根を支える形で採用されている点も特徴的である。内陣壁にはティントレットが『最後の晩餐』などの絵を残し,参事会室には V.カルパッチオが『聖ジョルジョの四事跡』を描いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android