サン・ジョルジョ・マジョーレ聖堂[ベネチア](読み)サン・ジョルジョ・マジョーレせいどう[ベネチア](英語表記)San Giorgio Maggiore, Venezia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン・ジョルジョ・マジョーレ聖堂[ベネチア]
サン・ジョルジョ・マジョーレせいどう[ベネチア]
San Giorgio Maggiore, Venezia

イタリア,ベネチアのサンジョルジョ島にある聖堂。8世紀以来,聖ジョルジョに奉献された聖堂が建てられていたが,現在の建物は 1566年 A.パラディオが設計起工し,1610年彼の崇拝者 V.スカモッツィによって完成されたラテン十字プランのドーム式バシリカ聖堂である。スカモッツィの設計したファサードはルネサンスからバロックへの過渡的様式を示し,ローマ風の4本の円柱が切妻屋根を支える形で採用されている点も特徴的である。内陣壁にはティントレットが『最後の晩餐』などの絵を残し,参事会室には V.カルパッチオが『聖ジョルジョの四事跡』を描いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android