サン・ミニアート・アルモンテ聖堂[フィレンツェ](読み)サン・ミニアート・アルモンテせいどう[フィレンツェ](英語表記)San Miniato al Monte, Firenze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン・ミニアート・アルモンテ聖堂[フィレンツェ]
サン・ミニアート・アルモンテせいどう[フィレンツェ]
San Miniato al Monte, Firenze

イタリアのフィレンツェの南側,アルノ川を渡った丘の上にあるロマネスクの小聖堂。 1063年に献堂された三廊式のバシリカ聖堂であるが,半円形アーチにより奥行方向を3分されている身廊は,半円筒ボールト (穹窿) への発展段階を例証するものとして重要な意味をもつ。聖堂内外は黒と白の大理石によって美しく化粧張りされているが,特に単純な幾何学的フォルムによって構成されているファサードは完璧な均衡美をみせ,フィレンツェにおけるルネサンスのデザインの原型となるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android