コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・アンドレアス断層 サンアンドレアスだんそうSan Andreas Fault

世界大百科事典 第2版の解説

サンアンドレアスだんそう【サン・アンドレアス断層 San Andreas Fault】

アメリカ,カリフォルニア州のほぼ全域を南北に縦走する,世界でも最も活動的な断層の一つ。北端はメンドシノ岬から南端カリフォルニア湾まで,長さ1400kmに及ぶ。分岐・並走する副断層群を含めて,サン・アンドレアス断層系とも呼ばれる。右横ずれ断層で,断層運動は白亜紀末ころから始まり,最大変位量は500~600kmといわれる。現世には平均2~4cm/年という大きな速度で運動している。1906年のサンフランシスコ地震の際,延長約430kmにわたり,最大約7mに及ぶ断層変位が地表に現れて有名となり,地震発生における弾性反発説や,活断層という概念を生むきっかけになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サン・アンドレアス断層の関連キーワードトランスフォーム断層プレートテクトニクスロマプリエタ地震プレート境界地震北米プレート傾斜走向断層横ずれ断層地質構造線固有地震活断層法構造線ずれ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android