コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・クリストバル San Cristóbal

世界大百科事典 第2版の解説

サン・クリストバル【San Cristóbal】

ベネズエラ西部,タチラ州の州都。人口23万8670(1992)。1561年にメリダ山脈の標高830mの地に農園主たちの保養地として建設され,植民地時代の面影をとどめている。コロンビアとの貿易の中心地として,マラカイボ低地リャノを結ぶ交通の要所として,また周囲の山間部で生産されるカカオ,コーヒー,サトウキビ,綿花,皮革などの集散地として発展した。セメント,化学などの製造業も最近興っている。【上谷 博】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サン・クリストバルの関連キーワードローレンス(David Herbert Richards Lawrence)パナマのカリブ海沿岸の要塞群:ポルトベロとサンロレンソサン・フアン(アメリカ領プエルト・リコ)トラコタルパンの歴史遺跡地帯サンタ・クルーズ[諸島]トゥストラ・グティエレスサンティアゴ(チリ)ガラパゴス[諸島]メラネシア[人]サント・ドミンゴガラパゴス諸島メンダーニャソロモン諸島サンフアンツォツィルトルヒーヨコロラド岩スタイナーアヤクチョマラカイボ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android