コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂 サンジョバンニインラテラノだいせいどうSan Giovanni in Laterano

世界大百科事典 第2版の解説

サンジョバンニインラテラノだいせいどう【サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂 San Giovanni in Laterano】

ローマ市にある初期キリスト教時代創建の大聖堂。313年,コンスタンティヌス大帝はラテラノ宮殿ローマ大司教の居所として寄進し,そこにバシリカ教会堂が建てられた。当時の建築は部分的にしか残らず,現在のバシリカは17世紀にボロミーニらによりほぼ全面的に改築されたもの。改築前の様子は,ローマのサン・マルティーノ・アイ・モンテ教会の壁画などからしのばれる。付属のサン・ジョバンニ・イン・フォンテ洗礼堂は,当初は円形プランであったが,教皇シクストゥス3世(在位432‐440)によって八角形プランに改築された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂の言及

【ジョット】より

…ここで彼は,フランチェスコがラテン語に代えて俗語で頌歌を歌い,福音書を説いて民衆に直接訴えたように,この聖人にまつわる伝説を明快かつ簡潔に,力強い造形力をもって説き明かしている。1300年の聖年祭を前に,おそらく〈フランチェスコ伝〉の完成を弟子たちに託し,ローマに行き,サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂に聖年祭を記念する壁画を描いた(断片しか残っていない)。その後フィレンツェに戻り,バディーア教会のために多翼祭壇画や壁画を制作する。…

【ボロミーニ】より

…ついで手がけた当時のローマ大学の付属礼拝堂,サンティーボ・アラ・サピエンツァSant’Ivo alla Sapienzaは同様な方法の発展であり,その幻想的な空間は彼の達した最高の境地を物語るものであるが,同時に,ドーム頂上の〈知恵〉を象徴する螺旋状の小塔にも示されるように,建物のあらゆる部分が寓意に満たされていることも見のがせない。彼は熱烈な支持者に支えられて財政的に豊かでない修道会の仕事を多く引き受けたが,教皇インノケンティウス10世在位のあいだは,その引立てでサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂の改修(1646‐50)のような工事を引き受けている。これは軀体部分のみで終わったが,彼の方法のゴシックへの接近を示すリブ入りのボールト天井が実現しなかったのは惜しまれる。…

※「サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂の関連情報