サン・ピエール[島](英語表記)Île Saint‐Pierre

世界大百科事典 第2版「サン・ピエール[島]」の解説

サン・ピエール[島]【Île Saint‐Pierre】

北アメリカ,ニューファンドランド島の南に位置するフランス領の小島。面積26km2。17世紀前半にフランス人が上陸,その後イギリス領有権を争ったが,1814年のパリ条約で近くのミクロン島とともにフランス領となった。サンピエール・エ・ミクロンはフランスの地域公共団体(人口6392。1990)の一つで,県都は最大都市でもあるサン・ピエール。近くに漁場グランド・バンクスをひかえ,漁業基地として重要である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android