コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・マロ Saint‐Malo

世界大百科事典 第2版の解説

サン・マロ【Saint‐Malo】

フランス西部,ブルターニュ半島北岸の港町で,海浜保養地。人口4万9000(1990)。1967年に陸繫島のサン・マロとサン・セルバン,パラメが合併。ローマ時代以来,サン・セルバン地区のアレトが行政中心地として栄えたが,ノルマンの侵入を防ぎやすいサン・マロ島に人々が次第に移り,1144年に司教座も移転した。この島部は12世紀の城壁に囲まれ,第2次大戦で壊された市街も昔のままに再建され,中世の面影を伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サン・マロの関連キーワードシャトーブリアン(Françoisラムネ(Félicité Robert de Lamennais)モン・サン・ミシェル修道院チャンネル[諸島]ジャージー[島]シャトーブリアンアラン キュニーモーペルチュイイギリス海峡サン・マロ湾サン・マロラ・メトリトマサン海洋開発ディナンブルッセ大西洋

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サン・マロの関連情報