コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ルイス São Luís

世界大百科事典 第2版の解説

サン・ルイス【São Luís】

ブラジル北東部,マラニョン州の州都。人口16万4334(1991)。サン・ルイス島上に位置する港湾都市。1612年に創設。14年建設のペドラス教会をはじめ17世紀以来のコロニアル風の建築物が多い。空路および道路で各地と結ばれる。ベレンまで陸路約830km。ババスーヤシ,綿実など植物油製造業がある。郊外のイタキに工業団地造成計画が進み,パラ州のカラジャス鉱山の鉄鉱石輸出港,製鉄所建設の計画も進んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サン・ルイスの関連キーワードスミス(Osborne Earl Smith)ワイルダー(Thornton Wilder)セラ(Junípero Serra)ソーントン・N. ワイルダーサン・ルイス(アルゼンチン)マラニョン(ブラジル)サンサン・ルイス・ポトシサン・ルイス・ポトシサン・ルイス歴史地区サカテカス歴史地区サンルイスオビスポミル・マスカラスマラニョン[州]サンルイレイの橋ブランカ・ピークアルゼンチンワステカ文化アナワク高原サン・ルイス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android