コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・レオン Arthur Saint‐Léon

世界大百科事典 第2版の解説

サン・レオン【Arthur Saint‐Léon】

1821‐70
フランスの舞踊家,振付家。14歳のときから舞踊家,バイオリン奏者としてヨーロッパ各地で活躍。1847年名舞踊家F.チェリトと結婚,共演する。二人を主役として自作《大理石の娘》(1847),《悪魔のバイオリン》(1849)をパリ・オペラ座で上演,後者では踊りながらバイオリンを奏した。ペテルブルグのマリインスキー劇場のメートル・ド・バレエをつとめ(1859‐70),同時にパリ・オペラ座の客演振付家でもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サン・レオンの関連キーワードファーブル(Jean Henri Fabre)パリ・オペラ座4月17日ファーブルコッペリア舞踊譜

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android