コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヴォリ Savary,Nathaniel

朝日日本歴史人物事典の解説

サヴォリ

没年:明治7.4.10(1874)
生年:1794.7.31
江戸後期に小笠原諸島に初めて移住したアメリカ人。米国マサチューセッツ州ブラッドフォード生まれ。船員としてハワイにいたが,天保1(1830)年,イタリア人のM.マザロ,イギリス人のJ.ミルチャムプら白人5人,それにハワイのカナカ人男女20人余を伴い父島に上陸,初めての居住者となった。小笠原諸島は,文禄2(1593)年ごろ,信州深志(松本市)の城主小笠原貞頼が発見し,のち徳川家康が発見者の名をつけたと伝えられている(『小笠原島新誌』など)。享保15(1730)年ごろ,曾孫と称する小笠原貞任が渡島をこころみたが失敗,無人島のままにされていた。サヴォリらが定住するまで,米国や英国の捕鯨船などが上陸するだけで,ボニン・アイランズ(Bonin Islands,無人島の外国人なまり)と呼ばれていた。ペリーが浦賀に向かう途中に寄港した際(1853),サヴォリを首長に任命し,石炭貯蔵用地を購入,米国の国旗をたてた。そのペリーの『日本遠行記』(1856年刊)によれば,白人5人のうち島に留まったのはサヴォリだけで,彼はカナカ人を妻とし豚や家畜を飼い,当時盛んであった太平洋の捕鯨船に水などを与えて生活し,父島に31人,母島に12人が住んでいたという。この寄港から8年後の文久1(1861)年,江戸幕府は海防上の必要から,外国奉行水野忠徳らを咸臨丸で同島に送り込み,翌2年サヴォリらに小笠原が日本の属島であることを伝えた。ちなみに,このときの通訳は中浜万次郎だった。サヴォリ家はのち日本に帰化(瀬堀,セーボレー)し,今日までも続き,父島で暮らす。<参考文献>石井通則『小笠原諸島概史』,鶴見俊輔『高野長英』

(中川文男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

サヴォリの関連キーワードおもなお雇い外国人自由民権運動わが祖国島義勇小野梓サイゴン条約ハーディビアードフィレネーフェモリス

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android