サージェント(Thomas John Sargent)(読み)さーじぇんと(英語表記)Thomas John Sargent

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サージェント(Thomas John Sargent)
さーじぇんと
Thomas John Sargent
(1943― )

アメリカのマクロ経済学者。カリフォルニア州パサディナ生まれ。1964年にカリフォルニア大学バークリー校を卒業し、1968年にハーバード大学で経済学博士号を取得した。ミネソタ大学、シカゴ大学、スタンフォード大学教授などを歴任し、2002年からニューヨーク大学教授を務める。

 ミネソタ大学教授であった1970年代後半から1980年代初頭にかけて、企業や家計が将来に対して抱く「期待」(「予想」expectations)が経済に大きな影響を及ぼすとの合理的期待形成仮説(rational expectations hypothesis)をルーカスらと展開した。たとえば、中央銀行が景気を好転させようと通貨供給量を増やして金利を下げても、企業や家計などの経済主体は事前に景気好転を織り込んで商品値上げや賃金引上げなどの予測行動をとるため、物価が上がってしまい、金融政策の効果が相殺されることを、マクロ計量経済理論を駆使して実証した。著書Macroeconomic Theory』(1979年、邦訳『マクロ経済理論』)は経済学を学ぶ大学院生の標準的な教科書となった。2011年に「マクロ経済政策と成長率、インフレ、雇用、投資などの因果関係を実証的に分析する研究」が評価され、ノーベル経済学賞を受けた。プリンストン大学のシムズとの共同受賞であった。

[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる