コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーティー・アルフスリー Sāṭi‘ al‐Ḥusrī

世界大百科事典 第2版の解説

サーティー・アルフスリー【Sāṭi‘ al‐Ḥusrī】

1880‐1968
シリアイラク教育行政家として活躍したアラブ民族主義者。のちにアラブ連盟要職にも就いた。もとはオスマン帝国政府の官僚で,自然科学教育と教育行政の刷新を志向して教員となった。〈青年トルコ〉運動と間接に関係をもつこともあったが,第1次世界大戦後はシリアに移りハーシム家ファイサル1世と出会ってアラブの政治とかかわりをもつようになる。そのなかでは,アラブ民族主義に転ずるが,世俗主義と個人の尊厳の主張で有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サーティー・アルフスリーの関連キーワードファイサル