コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーノ・ディ・ピエトロ サーノ・ディ・ピエトロSano di Pietro

1件 の用語解説(サーノ・ディ・ピエトロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーノ・ディ・ピエトロ
Sano di Pietro

[生]1406. シエナ
[没]1481. シエナ
イタリア・シエナ派の画家。本名 Ansano di Pietro di Mencio。フィレンツェの写実的造形や遠近法を取入れてシエナ派の新展開に努めたが折衷様式に終った。『聖ヒエロニムスの生涯』 (ルーブル美術館) ,『磔刑』 (ドレスデン絵画館) ,『聖母戴冠』 (シエナ市庁舎) などの作品が知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のサーノ・ディ・ピエトロの言及

【シエナ派】より

…シモーネにつづいてメンミLippo Memmi(1317‐46活動),ロレンツェッティ兄弟(ピエトロおよびアンブロージョ)が現れ,ピエトロはよりドラマティックな表現を得意とし,逆にアンブロージョの華やかな色彩と繊細な感覚とが,14世紀末から開花する国際ゴシック様式への道を準備する。15世紀のシエナ派は前世紀ほどの隆盛と影響力を見せなかったが,のちにフィレンツェで活躍するL.モナコは敬虔で魅力ある宗教画を描き,サセッタ,ジョバンニ・ディ・パオロ,サーノ・ディ・ピエトロSano di Pietro(1406‐81)らは流行の国際ゴシック様式に,シュルレアリスムを想起させる幻想的な雰囲気を添えた。16世紀初頭には,ロンバルディア出身のソドマがシエナに定住し,レオナルド・ダ・ビンチ風の様式を紹介する一方,盛期ルネサンスからマニエリスムへの過渡期を示す作品を残した。…

※「サーノ・ディ・ピエトロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サーノ・ディ・ピエトロの関連キーワード尚思紹土佐行広メフメットクリスティアン[1世]ジョアン[2世]メフメトアビス朝心敬スリューテル土佐行広

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone