コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーバー統合 さーばーとうごう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サーバー統合

仮想化ソフトウェアを利用し、複数サーバーを1台に集約すること。具体的には、現在の複数のサーバーの「機能」を統合するのではなく、1台のサーバー上に仮想サーバーを複数つくり出し、その個々のサーバーに機能を「引越し」する。管理上では、複数サーバーがそこにあるかのように見えるため、管理方法を変更する必要がないといったメリットがある。また、ひとつのサーバー機能にソフトウェア的な障害が発生しても、ほかのサーバー機能に障害を及ぼしにくい。同時に、1万時間に1回故障するサーバーなら、10台あれば1000時間に1台は故障している計算になるが、1台に集約すれば、故障の発生そのものは少なくなる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サーバー‐とうごう〔‐トウガフ〕【サーバー統合】

企業などのコンピューターシステムにおいて、複数のサーバーを統合して、運用保有に関するコストを削減すること。台数を集約する物理的統合のほか、管理ソフトを使用したり複数のオペレーションシステムを実行したりして行う論理的統合(仮想化統合)などの手法がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android