コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーマッラーの大モスク サーマッラーのだいモスクGreat Mosque of Sāmarrā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーマッラーの大モスク
サーマッラーのだいモスク
Great Mosque of Sāmarrā

846~852年にアッバース朝カリフ,ムタワッキルによりイラクのサーマッラーに建設された大モスク。中庭を囲んでキブラ側に礼拝室,残り三方に回廊がめぐる列柱式に設計されている。周壁の横幅約 156m,奥行約 240m,ピアの合計は 464本に達する。中軸線上,周壁外に建つミナレットは螺旋形で高さ約 53m。現存するのは周壁とミナレットのみである。 2007年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サーマッラーの大モスクの関連キーワードメスキータ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android