サーレマー[島](英語表記)Saaremaa

世界大百科事典 第2版の解説

サーレマー[島]【Saaremaa】

エストニア共和国西部の島。ロシア語ではサレマSarema島。バルト海のリガ湾をふさぐような形で横たわる。長さ約100km,幅最大50km,面積2714km2。低い台地状の島で,最高点は標高54m。おもに石灰岩,白雲岩よりなり,氷河堆積物海成堆積物を表面にのせ,湿地や松林になっている。海に面する海食崖には夏に無数の海鳥が集まる。住民は石灰岩採掘,漁業に従事。おもな都市は南岸のキンギセップ。この北方のカリには隕石の落下した跡のクレーターが数個,集団的に残っており,その最大のものは直径110mである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android