コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーロー節子 さーろー せつこSetsuko Thurlow

知恵蔵miniの解説

サーロー節子

被爆者、反核運動家。1932年1月3日、広島県生まれ。13歳の時、勤労奉仕として動員された広島市の陸軍施設で被爆する。54年に米国に留学し、55年に結婚後、夫の祖国であるカナダトロントに移住。トロント大学で社会福祉事業の修士号を取得し、ソーシャルワーカーとなる。カナダを拠点に国連で被爆証言を行うなどの核廃絶運動を続け、2007年に同国政府より勲章を授与された。核兵器禁止条約の国連での採択に貢献した国際NGO、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)とは活動を同じくし、17年に行われた同団体へのノーベル平和賞授賞式では、被爆者として初めて受賞演説を行った。

(2017-12-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

サーロー節子の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー満州国

サーロー節子の関連情報