サーロー節子(読み)さーろー せつこ(英語表記)Setsuko Thurlow

知恵蔵miniの解説

サーロー節子

被爆者、反核運動家。1932年1月3日、広島県生まれ。13歳の時、勤労奉仕として動員された広島市の陸軍施設で被爆する。54年に米国に留学し、55年に結婚後、夫の祖国であるカナダトロントに移住。トロント大学で社会福祉事業の修士号を取得し、ソーシャルワーカーとなる。カナダを拠点に国連で被爆証言を行うなどの核廃絶運動を続け、2007年に同国政府より勲章を授与された。核兵器禁止条約の国連での採択に貢献した国際NGO、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)とは活動を同じくし、17年に行われた同団体へのノーベル平和賞授賞式では、被爆者として初めて受賞演説を行った。

(2017-12-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サーロー節子の関連情報