ザックス(Curt Sachs)(読み)ざっくす(英語表記)Curt Sachs

  • 1881―1959

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツ生まれのアメリカの音楽学者。初め美術史を専攻したがのち音楽学に転じ、国立楽器博物館長、ベルリン大学教授などを務めながら研究に励んだ。1933年ナチスに追われてパリに移り、37年以降アメリカに移住し、アメリカ音楽学会会長など要職を歴任した。楽器学の創始者の一人で、世界の楽器を網羅的・科学的に分類した楽器分類法(ホルンボステルと共作)は今日でも広く使われている。また比較音楽学の初期に独自の文化観に基づく多くの研究を残し、今日の民族音楽学の基礎を築いた。主著に『楽器百科全書』(1913)、『古代世界における音楽の発生』(1943)など。

[川口明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android