ザッパー(読み)ざっぱー(英語表記)Karl Sapper

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザッパー(Karl Sapper)
ざっぱー
Karl Sapper
(1866―1945)

ドイツの地理学者。ミュンヘン大学で自然科学を専攻した。1890年、中央アメリカに渡航し、グアテマラ、メキシコなどに数年滞在したのち、西インド諸島を含む各地の調査を行った。1907年から、チューリンゲン、ストラスブール、ウュルツブルクなどの各大学の地理学教授を歴任。中央アメリカを主とする火山現象の自然地理学的研究に業績をあげ、熱帯における気候順化に関する多くの論文を発表した。研究成果のうち、世界の文化圏の区分は有名で、ゲルマン、ラテン、スラブ、西アジア、インド、東アジア、大陸の内部、アフリカ、マレー、オーストラリア、北極の11に分けて、その特色を明らかにした。1914年(大正3)桜島火山の大噴火研究のため来日した。[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ザッパーの関連情報