コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザルカウィ死去 ざるかうぃしきょ

1件 の用語解説(ザルカウィ死去の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ザルカウィ死去

各地でのテロ事件の黒幕とされる人物。2006年6月、米軍の爆撃で死亡した。ザルカウィは1966年、ヨルダンの首都アンマン北東15kmの都市ザルカーの生まれ。片足は義足で顔に傷があるとされ、米国は、その首に2500万ドルの懸賞金をかけた。01年の米国のアフガニスタン攻撃の際に負傷し、イラクに逃れた。アルカイダに近いクルド人組織を率いていると伝えられた。03年にフセイン政権が倒れると、ザルカウィが引き起こしたとされるテロが続発し始めた。シーア派の指導者、米国人、イラクの警察官などの殺害に関与したとされる。また暫定政権の首脳に対しても暗殺予告がザルカウィの名で出されていた。さらにトルコスペインモロッコでのテロにも関与が疑われていた。

(高橋和夫 放送大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザルカウィ死去の関連キーワード児玉誉士夫オサマ・ビンラディンロンドン同時爆破テロ渦中炭疽菌アメリカ同時多発テロ事件九・一一事件英同時テロ事件米国のテロ支援国家指定三浦義一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone