コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザント Sand, Karl Ludwig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザント
Sand, Karl Ludwig

[生]1795.10.5. ブンジーデル
[没]1820.5.20. マンハイム
ドイツ,イェナの大学生。当時ドイツの大学を風靡していた自由主義的風潮を著名な劇作家で文芸評論家の A.コッツェブが嘲罵したので,ザントは彼を専制ロシアのスパイでありドイツ民衆の自由の敵とみなし,1819年3月 23日マンハイムで刺殺した。ザントは翌年処刑されたが世論の同情を集め政府を狼狽させた。しかしメッテルニヒはこの機をとらえて,19年カルルスバートの決議 (学問の自由の制限などをその主旨とする) を成立させ,全ドイツの自由主義運動を公然と弾圧しはじめるきっかけとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ザントの関連キーワードアインシュタイン(Alfred Einstein)アルフレッド アインシュタインアメリカン・バレエ・シアターアメリカン・バレエ・シアタージョン・F. エンブリーC.W. リードビータースター誕生の愛のテーマカールスバートの決議アーリー・アメリカンマイク バーニカーザントマイヤー反応ブルシェンシャフトカールスバート決議モーガナ キングアインシュタイントム ビルサックアムネマチン山脈ヴォルヒニア岩リードビーターヘイエルマンス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ザントの関連情報