コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザント ザントSand, Karl Ludwig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザント
Sand, Karl Ludwig

[生]1795.10.5. ブンジーデル
[没]1820.5.20. マンハイム
ドイツ,イェナの大学生。当時ドイツの大学を風靡していた自由主義的風潮を著名な劇作家で文芸評論家の A.コッツェブが嘲罵したので,ザントは彼を専制ロシアスパイでありドイツ民衆の自由の敵とみなし,1819年3月 23日マンハイムで刺殺した。ザントは翌年処刑されたが世論の同情を集め政府を狼狽させた。しかしメッテルニヒはこの機をとらえて,19年カルルスバートの決議 (学問の自由の制限などをその主旨とする) を成立させ,全ドイツの自由主義運動を公然と弾圧しはじめるきっかけとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ザントの関連キーワードエッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)教養小説みなと銀行東平(とうなる)地区隠岐の古典相撲京都非公開文化財特別公開

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザントの関連情報