コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザーヒル派 ザーヒルはẒāhirīyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザーヒル派
ザーヒルは
Ẓāhirīyah

イラク,ペルシア,ホラーサーン地方に広まったイスラム法学派の一つ。創始者ダーウード・イブン・アリー・イブン・ハラフ (815/8~884) の名にちなんでイラクではダーウード派とも呼ばれた。スンニー派四大法学派と異なり,法律上の規定はコーランと伝承 (ハディース) の原文自体の明確な (ザーヒル) 意味にのみ基づくべきであるとして,法学者の合意 (イジュマー) や類推 (キヤース) を認めなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザーヒルは【ザーヒル派 Ẓāhir】

法学者ダーウード・アッザーヒリーのもとに集まった弟子たちにより,バグダードに創始されたスンナ派イスラムの法学派。最初のうち,ダーウードDā‘ūd派とも呼ばれていた。法源(ウスール)としてキヤース(類推)を認めず,イジュマー(合意)をサハーバ(預言者ムハンマドの教友)のそれだけに限り,コーランとハディースの文字どおりの意味(ザーヒルẓāhir)に忠実に従わねばならないとした師の教えを忠実に継承した。10世紀以降もタクリード(先人の模倣)を拒否し,イジュティハードの行使を強く主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone