コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザーヘディー Zāhedī, Faḍlullāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザーヘディー
Zāhedī, Faḍlullāh

[生]1897
[没]1963
イランの将軍,政治家。石油国有化運動末期の 1953年8月 16日,ムハンマド・レザー・シャーは勅令でモサッデグを解任し,ザーヘディーを首相に任命したが,逆にモサッデグの抵抗で国王は国外に避難した。8月 19日,国王の指示を受けたザーヘディーはテヘランで軍隊と警察を動かしてクーデターを起してテヘランを制圧し,首相就任を宣言した。このクーデターはイランでは「イラン暦 1332年モルダード月 28日事件」と呼ばれ,第2次世界大戦以後のイラン政治の一つの重要な転換点となった。このクーデターに続いて国王支持派と民族戦線との間に流血の衝突が繰返された。ザーヘディーは 1955年4月まで首相の地位につき,国王の権力回復を助けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ザーヘディーの関連キーワードモハンマド・レザー・パフラビー

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android