コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザーヤンデ・ルード[川] Zāyandeh Rūd

世界大百科事典 第2版の解説

ザーヤンデ・ルード[川]【Zāyandeh Rūd】

イラン中部の川。ザーグロス山脈のザルデ山に源を発し,イスファハーン平野を貫流し,ガーブハーニー沼に注ぐ。延長約130km。105本の用水路が引かれ,500強の村が灌漑されている。農業水利上イランで最も重要な川で,この地方はイラン高原で最も豊かな地である。西を流れるカールーン川から水を引く試みは,サファビー朝(1501‐1736)以降何度か試みられ失敗したが,近年トンネル(全長2823m)が掘削され,同川の水の一部がこの川に流されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android