シアヌーク国王(読み)しあぬーくこくおう(英語表記)King Norodom Sihanouk

知恵蔵の解説

1922年生まれ。41年、18歳で国王即位、フランスからの独立運動の先頭に立つ。独立後の55年、父に王位を譲り政党を結成、議会選挙に勝利し首相となった。60年の父王の死去に伴い、王位空席のまま国家元首となる。非同盟を方針としつつ、中国、ソ連、ベトナムに接近し「左寄りの中立外交」を追求。しかし米国の支援を受けたロン・ノルのクーデターで国家元首の地位を追われると北京に亡命政権樹立、ポル・ポト派と組んで反ロン・ノル運動を展開した。75年、クメール・ルージュ(ポル・ポト派)が政権をとると、帰国はしたものの王宮内に閉された。78年12月、ベトナムのカンボジア侵攻でクメール・ルージュ政権が倒れ、シアヌークは再び北京に亡命。ポル・ポト派、ソンサン派(旧ロン・ノル派)と共に反越三派を結成、米国、ASEANなどの支援を受けた。91年、帰国し、93年の「カンボジア王国」樹立で国王に就任。内政への影響力を保持していたが、2004年10月7日、高齢と健康問題を理由に退位を表明。王室会議でシアヌークの実子シハモニ殿下が新国王に選出され、同月29日に即位した。

(片山裕 神戸大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android