コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シウダードボリバル シウダードボリバルCiudad Bolívar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シウダードボリバル
Ciudad Bolívar

ベネズエラ南東部,ボリバル州の州都。オリノコ川下流部南岸の河港都市で,ギアナ高地北麓,川に向って傾斜する低い丘陵地にあり,標高 25~75m。 1764年建設され,オリノコ川の川幅が 1km以下にせばまる地点に位置したため,アンゴストゥラ Angostura (スペイン語で「狭いところ」の意) と呼ばれた。ラテンアメリカのスペインからの解放者,シモン・ボリバルが 1819年大コロンビアの独立を宣言した地で,それを記念して 46年現在名に改称。牧牛地帯であるリャノス (オリノコ川左岸を中心に広がる広大な熱帯草原) と鉱物資源に恵まれるギアナ高地を後背地に,古くから商業中心地として発展し,港からは金,ダイヤモンド,ウシ,ウマ,皮革,木材などを積出す。 1960年代市を対岸のソレダードと結ぶ吊橋アンゴストゥラ橋が完成し,ギアナ高地開発の拠点として急成長を続ける東の新興工業都市シウダードグアヤナへの門戸となった。人口 22万 5846 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シウダードボリバルの関連キーワードエンジェル滝エルティグレボリバル山アプレ川グアナレ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android