コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェイヒ・ベドレッディンの乱 シェイヒベドレッディンのらん

1件 の用語解説(シェイヒ・ベドレッディンの乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シェイヒベドレッディンのらん【シェイヒ・ベドレッディンの乱】

1418‐20年に起こったオスマン帝国に対する反乱運動。シェイヒ・ベドレッディンŞeyh Bedreddin(1368‐1420)はティムールの遠征に随行してイランからアナトリアへ来たが,異端的傾向の強い神秘主義の教理を説いて,ティムールに敗れたオスマン朝支配下の民衆のひろい支持を集め,空位時代にはムーサー王子の大法官(カザスケル)を務めたが,メフメト1世が覇権を握ると,ドブロジャ地方を中心に反乱を起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シェイヒ・ベドレッディンの乱の関連キーワードオットマン帝国オスマン帝国イスラム帝国オスマンオスマン語オスマントルコ汎アラブ主義オスマンダВидинオスマン朝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone