コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェラツ Sieradz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェラツ
Sieradz

ポーランド中部,ウツキェ県の都市。ウッチの西南西約 50km,ワルタ川沿いに位置する。有史以前にさかのぼるポーランド最古の居住地の一つ。 1025年ボレスワフ1世 (勇敢王) が城を建設。 13世紀には公国の首都。 16世紀には織物主産地として知られた。 19~20世紀に食品加工業が発達。第2次世界大戦中,ドイツ占領下で 5000人が殺された。郷土博物館がある。人口4万 4636 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android