シェラー(読み)しぇらー(英語表記)Paul Scherrer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェラー(Paul Scherrer)
しぇらー
Paul Scherrer
(1890―1969)

スイスの物理学者。セント・ザンクトに生まれる。デバイとともに、X線構造解析の手段として重要な、単色X線を用いた微結晶集合体の構造解析に有力な方法であるデバイ‐シェラー法を発明した。この成果を生んだのはゲッティンゲン大学での研究である。その後、1920年、スイス国立チューリヒ工科大学に物理学教授としてデバイとともに移った。そこで、デバイとの緊密な協力関係のもとに、X線による物質構造研究を発展させた。[大友詔雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android