シェリー マン(英語表記)Shelly Manne

20世紀西洋人名事典の解説

シェリー マン
Shelly Manne


1920.6.11 - 1984.9.26
米国のジャズ演奏家。
ニューヨーク生まれ。
別名Sheldaon Manne。
1939年ボビー・バーン、’40年ジョン・マーサッラなど有名なオーケストラで働き、地位を不動のものとした。兵役後、’46年スタン・ケントン楽団に参加。’49年ウディ・ハーマン楽団にも参加し、ビッグ・バンド・ドラマーとして名声を得る。一方で、チャーリー・ベンチュラなどとプレイし、コンボ・ドラマーとしても活躍。’54年ショーティ・ロジャースと組みウェスト・コースト・ジャズの立て役者として大活躍。’70年代はLA.4の初代ドラマー。ブラッシュ・ワークに抜群の冴えをみせる偉大なスタイリストでもある。代表作に「ザ・スリー&ザ・トゥー」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シェリー マンの関連情報