シェーパー(英語表記)shaper

精選版 日本国語大辞典の解説

シェーパー

〘名〙 (shaper) 小形の工作品の平面やみぞを削る工作機械。形削り
※いつか汽笛を鳴らして(1972)〈畑山博〉六「シェーパーのそばでたばこを喫いはじめていた多田が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシェーパーの言及

【工作機械】より

…また近年開発されたフレキシブル生産システムは,数値制御工作機械群と自動化された搬送システムを有機的に連結するとともに,周辺作業を含めてシステム全般をコンピューターで制御するもので,この方式の生産システムは,加工する部品の形状が大きく違っても,それを安く,早く加工できうる能力があり,工場無人化の中核となっている。【伊東 誼】【西脇 信彦】
【工作機械の種類】
形削り盤シェーパーともいう。立て削り盤を水平にした形態の工作機械。…

※「シェーパー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android