シェールバルト(読み)しぇーるばると(英語表記)Paul Scheerbart

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェールバルト
しぇーるばると
Paul Scheerbart
(1863―1915)

ドイツの作家、ジャーナリスト。世紀転換期のベルリンにあって、形式にとらわれない空想や思い付き、グロテスクな諧謔(かいぎゃく)に満ちた小説、評論、軍国主義批判のパンフレットを書いた。自ら「ドイツ空想家出版社」を設立し、表現主義的な雑誌『シュトゥルム(嵐(あらし))』の同人にもなった。作品に、180歳のほら吹き男爵が1905年のベルリンに現れる奇想天外な小説『ミュンヒハウゼンとクラリッサ』(1906)、カバレット(ドイツ風キャバレー)で朗読された詩『牡猫(おすねこ)の詩』(1909)のほか、『レザベンディオ――小遊星物語』(1913)のような多くの空想宇宙小説などがある。[谷川道子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android